在日中国人大全

¥ 9,504

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※この商品は送料無料です。

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

通報する

【内容紹介】

初の在日中国人情報の集大成。活躍する中国人、企業、団体、媒体など一万人、五万件のデータを収録。

★在日中国人の基礎資料出版★

日本に在住する留学生や学者、実業家など中国人約一万人の動向や業績などを調査、約五万件のデータを掲載した初めてのデータブック「在日中国人大全」(約九百五十ページ)が、埼玉県川口市在住の中国人元記者によってまとめられ、一九九八年四月十一日に出版される。

本をまとめたのは、日本僑報社代表の段躍中さんら。中国の有力紙「中国青年報」の記者だった段さんが、一九九一年の来日後、こつこつと集めたデータや在日中国人への取材などを基に調べあげた。

段さんによると、これまでに、日本の大学の教授となった中国人は少なくとも六十一人、助教授は二百八十六人で、日本語による中国人の出版物も五百冊を超えるなど文化面で大きな業績を挙げているほか、コンピューターのソフト開発会社設立など実業界にも進出する活躍ぶりが明らかになったという。

一方で、九七年に他殺や自殺、事故死などで死んだ在日中国人は、公表されているだけで二十二人と九六年の十人に比べ急増、特に九六年に一人だった自殺者が九七年は四人となるなど、日本社会で苦悩する実態の一部も示された。