現代中国の人口移動とジェンダー

¥ 6,264

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※この商品は送料無料です。

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

通報する

【内容紹介】

12月2日、日本僑報社は『現代中国の人口移動とジェンダー―農村出稼ぎ女性に関する実証研究―』(陸小媛《りくしょうえん》著)を刊行した。本書は第7回華人学術賞受賞作品である論文を、ほぼ原形のまま収めたものである。

それまでの現代中国における人口移動研究は、男性を主体としたものであり、女性を対象とした研究はほとんど行われていなかった。しかし改革開放後の中国国内では、多くの外資企業が経済特区を中心としたエリアに進出し、それにともない多くの若い農村女性が出稼ぎ労働者として農村から都市へと移動した。そうした女性たちに4回にわたりインタビュー・アンケート調査を行い、彼女たちの考え方や取り巻く環境などについてまとめたものが、本論文の基礎となっている。中国農村の伝統的な考え方の中で育った女性が、出稼ぎに出て現金収入を得ることで、それまでは考えが及ばなかった"自立"について意識しはじめたことが大きな変化であると著者は述べている。中国農村女性の意識変化と経済とのかかわりを知る興味深い一冊だ。

著者である陸小媛女史は1989年より日本に留学。城西大学で経済学の学士、修士を修めた後、本論文で2008年に城西国際大学の比較文化博士号を取得し、現在は、中国華南師範大学において政治与行政学院専職教師を務めている。

-----------------------------------------------------
著者:陸小媛
判型:A5判204ページ、並製
発行:2009年12月