中国オロチョン族物語

¥ 1,296

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※この商品は送料無料です。

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

通報する

【内容紹介】

オロチョン族は中国黒竜江省と内蒙古自治区、また、シベリアに居住する民族集団である。1990年の中国国務院の統計によれば、人口はおよそ7000人である。オロチョン族の話すオロチョン語は、満州語などと同様にツングース系の言語である。オロチョンとは家畜のトナカイを意味するオロンという言葉に由来するとも言われている。ただし、すべてのオロチョン族がトナカイを飼っているわけではない。大興安嶺や小興安嶺に住んでいるオロチョン族は、「馬オロチョン」と呼ばれてきた。トナカイの代わりに馬に乗り、狩猟をもっぱらとする人々である。本書に登場するオロチョン族の物語はそうした騎馬狩猟民であると言ってよいのであろう。

---------------------------
編著者:孟淑珍
監訳者:けい志強
訳 者:高雲山・竹中良二
判型:222ページ
発 行:2002年9月