中国における外資系企業の立地決定と公共政策

¥ 5,184

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※この商品は送料無料です。

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

通報する

【著者紹介】

魏後凱、1963年、中国湖南省生まれ。
湖南師範大学、中国科学院地理研究所、中国社会科学院大学院にて、それぞれ理学学士、理学修士、経済学博士号を取得後、中国社会科学院工業経済研究所を経て、現在、中国社会科学院城市発展与環境研究中心(都市発展・環境研究センター)副主任、研究員、付設大学院都市発展学科主任・教授、中国地域科学協会副会長、中国地域経済学会副秘書長。翻訳書以外の主著(共編著を含む)として、『中国産業集聚与集群発展戦略』(2008)、『現代区域経済学』(2006)、『東北地区経済振興戦略与政策』(2005)、『中国西部大開発政策』(2003)など多数がある。

賀燦飛 1972年、中国江西省生まれ。
1994年と1997年に北京師範大学にて理学学士と理学修士を取得。2001年、アリゾナ州立大学地理学部にて博士号を取得。メンフィス大学助教授を経て、現在、北京大学城市与環境学院(都市・環境学院)准教授、北京大学-リンカーン研究院都市発展・土地政策研究センター副主任、中国地理学会経済地理専門委員会副主任、都市経済学会大都市専門委員会委員。翻訳書以外の主著として、『外商直接投資区位:理論分析与実証研究』や『中国製造業地理集中与地理集聚』などがある。

王 新
中国社会科学院大学院にて、1999年に経済学博士号を取得後、『求是』雑誌社にて編集業務に従事。


【訳者略歴】

日置史郎 1968年神奈川県生まれ。
東北大学経済学部・同大学院にて経済学学士、修士号を取得。2000年に中国人民大学農業経済管理系にて博士号取得。中国社会科学院工業経済研究所、イリノイ大学地域経済学応用研究所客員研究院を経て、現在、東北大学大学院経済学研究科准教授(アジア経済論担当)。

最近の業績として、「中国江蘇省における産業集積の立地パターンに関する一考察」(『研究年報 経済学』第70巻2号、2009年)、NazrulIslam ed. Resurgent China: Issues for the Future. Palgrave
Macmillan. (共著,2009年)などがある。

--------------------------------
著者:魏後凱・賀燦飛・王新
訳者:日置史郎
発行:2009年10月
判型:A5判、上製、322ページ