寄語奥運 寄語中国 第三回日本人の中国語作文コンクール受賞作品集

¥ 2,052

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※この商品は送料無料です。

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

通報する

【内容紹介】

第三回となる今年は、23の都道府県、海外4都市の幅広い年齢層の日本人(9~71歳)から応募があり、あらゆる世代が参加したといえよう。応募者には、特に小・中学生の存在が目立った。昨年の学生の部・最優秀賞受賞者、安部京さん(当時8歳)に引き続き、日中友好に携わる機会の乏しい小・中学生に大きく門戸を開き、次世代の育成に勤めている点が意義深い。

第三回のテーマは、「寄語奥運・寄語中国」をキーワードに、一「2008年 北京オリンピックへのメッセージ」、二「中国の環境保護における日中協力について」をテーマに行われた。応募作品はいずれも秀作で審査は難航したが、最優秀賞(中国大使賞)には学生の部では新保隆之氏(東京外国語大学三年生)、社会人の部・最優秀賞、久保裕之氏(京都府、立命館大学白川静記念東洋文字文化研究所職員)が受賞の栄誉に輝いた。

学生の部・最優秀賞、新保隆之氏(東京外国語大学三年生)は、「『ハリネズミ』を『ねずみ』に変えた中国」と題し、中国・瀋陽に留学したとき、自分は人と距離を取って接するハリネズミであったが、中国人の人情味によってハリのないネズミになったと述べた。最初は馴れ馴れしいと思った中国人の接し方であったが、その人懐っこい態度が子年の今年、北京オリンピックを成功させ、世界各国の人々のハリを縮め、ネズミの家族がくっつきあって暖を取るようなあたたかい関係を築くだろうと述べている。

社会人の部・最優秀賞、久保裕之氏(京都府、立命館大学白川静記念東洋文字文化研究所職員)は、「オリンピックでは中国の特色をもつ文字表記を」と題して、北京オリンピックへの具体的かつ実現可能な提言をしたことが評価された。案内図やプラカードに漢字を使用すると同時に、できる限りその国の言葉も併記する。そのことによって、中国が独自の文化と価値観を有することを紹介し、そして世界にも多くの価値観があり、どの国・地域も外国のそれを尊重すべきであると提唱ができると提言している。

また、小・中学生も負けじと提言を行っている。一等賞の布施望くん(東京都府中市立矢崎小学校・10才)は、小学生ならではの瑞々しい感性で、北京オリンピックに関わる「五」を中国人の友人と考えたことをまとめている。五輪(5つの輪)、5種類のマスコット(福娃、フーワァ)、この2つを足すと10になり、布施くんと友人の年齢となる。

二人は北京オリンピックでスローガン「同じ夢、同じ世界」が実現するところを見たいと願う。きっと「布施望(=不失望と同じ発音)」だろうとユーモラスにまとめ、そこに次世代の日中交流が「不失望」であることをうかがわせる。
 二等賞の西田聡くん(舞鶴市立城南中学)は、在日中国人との交流を通して、日本社会に隔たりや偏見、差別意識がなく、平等で対等であるかと自答し、北京オリンピックのスローガンが実現していくよう将来は日中間を結ぶ外交官になりたい、と夢を述べている。

--------------------------------------
判型:235ページ
発売:2008年3月